協会紹介

九州文化協会誕生への露払い役となった九州文化推進会議の会合。左より作家・原田種夫、作曲家・森脇憲三、彫刻家・安永良徳、洋画家・伊藤研之、九電副社長・瓦林潔、西鉄社長・楠根宗生、福岡銀行副頭取・後藤一郎、西日本相互銀行社長・森俊雄、協和ビル社長・待鳥喜久大の各氏。写真には写っていないが、これに野口義夫西日本新聞社長も加わっっていた。昭和37年12月撮影。(「福岡文化連盟30年史」より)

財団法人九州文化協会について

<概要>

設立日:1969年8月13日 「財団法人九州・沖縄文化協会」 設立認可
1976年10月21日「財団法人九州文化協会」に改称

2013年4月1日「公益財団法人九州文化協会」に改称

 

代表者:会長 川崎 隆生

所在地:福岡市中央区天神1丁目4番1号 西日本新聞会館内

代表電話092-406-8581

主務官庁:内閣府

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九州文化協会の沿革

1962年10月1日  九州文化推進協議会結成

1964年10月1日   福岡市民芸術祭開催

(同年11月       福岡県文化会館会館(現・県立美術館))

1965年9月17日   福岡市文化連盟発足(九州文化推進協議会は発展的解散)

1968年4月11日   九州・沖縄文化団体連合会発足(のち九州・沖縄文化協会)

(同年4月        国立九州芸術工科大学開学(のち九州大学と統合))

(同年6月       文化庁発足)

(1969年4月      福岡県、市が文化課設置)

同年5月15日     福岡市文化連盟、「福岡文化連盟」に改称

同年8月13日     財団法人九州・沖縄文化協会(会長・瓦林潔九州電力社長)設立認可

同年10月       第1回九州沖縄芸術祭

1970年         第1回九州沖縄芸術祭文学賞募集開始

(同年          大阪万博)

(1972年5月15日  沖縄本土復帰)

1973年3月       『九州沖縄文化年鑑 73』発行

1976年10月21日   財団法人・九州文化協会に改称

(1979年2月      福岡市美術館が開館)

1988年12月~1989年3月  第20回九州芸術祭

2008年4月~      第40回九州芸術祭

同年4月11日     (財)九州文化協会創立40周年記念日

2009年3月      (財)九州文化協会創立40周年記念 『九州文化の40年』刊行

2012年11月      公益財団法人への移行認定申請答申UP

2012年4月       公益財団法人への移行登記完了

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

公益財団法人九州文化協会「定款」

定款(最終版)